FC2ブログ

こんばんは。

東野圭吾さんの
「殺人の門」 を読みました。
1115-3.jpg
久しぶりの東野圭吾さん
ページ数も多く、読み応えがありました!

これは凄いと言いますか
凄まじいお話でしたね~

裕福な家庭に生まれた主人公の田島が祖母の死に際にとった行動から
階段を踏み外し、転落の人生を歩んでいく物語りです

もう一人の主人公?倉持の影響によって田島の人生はどんどん狂わされていきます・・・
小学校の時から、結婚、仕事に至るまでです

読んでいくうちに憂鬱になっていきます
途中で「しっかりしろ田島!」と何度も声をかけてしまいます
ラストは田島に「ちゃんとくぐれたよ」と褒めて?あげたいとも思いました
これだけ読む人を感情移入させてしまう
東野圭吾さんは、やっぱり凄い人ですね!

憂鬱OKな方にお薦めします!

スポンサーサイト



年内お届けの商品

冬休みの予定

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)