FC2ブログ

こんばんは。

百田尚樹さんの
20151124180201289.jpg
『海賊とよばれた男』 を読みました!

〈内容紹介〉
すべてのビジネスマンに捧ぐ。
本屋大賞の話題作、早くも文庫化!

ページをめくるごとに、溢れる涙。
これはただの経済歴史小説ではない。

一九四五年八月十五日、敗戦で全てを失った日本で一人の男が立ち上がる。
男の名は国岡鐡造。
出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。
一代かけて築き上げた会社資産の殆どを失い、借金を負いつつも
店員の一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

石油は庶民の暮らしに明かりを灯し、国すらも動かす。
「第二の敗戦」を目前に、日本人の強さと誇りを示した男。


石油を扱っていたのに
「なぜ海賊とよばれたのか・・・?」
この疑問からスタートした今回の読書(笑)
主人公の国岡鐵造氏は
出光興産の創始者・出光佐三氏のことで
ご存知の通り、この物語は出光氏の自伝小説です。

事実に基づいて書かれているとは思いますが
かなりの脚色もあるでしょうね〜
でも上・下巻合わせて900ページ以上を読ませる
百田尚樹氏の文章力はさすがだな〜と感じました!

敗戦直後、失望と瓦礫の山だった日本が
立ち直り、復興していくに連れ
出光興産も大きくなっていく・・・
日本を愛し、社員を家族と思い
人間尊重を貫いた出光佐三氏
その波乱万丈の生涯とは⁈

読みかけの頃にもご紹介した
201511121715023bf.jpeg
出光氏が生涯収集された「仙厓」
その数は千点を超えるコレクションだそうです!

機会があれば、出光美術館で見たいものです♬



スポンサーサイト



慣れないもので・・・

年賀状完成❗️

comment iconコメント ( 4 )

NoTitle

あっ!この本、読んでみたいと思ってます。
百田さん、いろいろと暴言はきまくってますが(笑)、
本は面白いよねー♪

名前: onorinbeck [Edit] 2015-12-21 08:14

NoTitle

出光佐三氏の自伝ですか。確かに傑物だったのでしょうね。
百田尚樹の筆力もあって、最高の人物のように思われることでしょうね。ですが、戦後すぐに立ち上がった人たちの活躍譚は、ちょっと割り引いて考えるようにしています。まともなことをしていては、決してBig Nameになれるはずがないから。Big Nameになったということは、…。
老後をお金の心配などせずに、のんびり暮らしていけるくらいの蓄えがあれば、それで十分。そんな考えだった所為か、出世からも無縁でした。(^^);

名前: AzTak [Edit] 2015-12-21 08:41

onorinbeckさま

おはようございます!

文章は本当に面白いですよね〜
しっかり百田ワールドへ引き込まれ
ました❗️(笑)

名前: 京都花大黒 店主 [Edit] 2015-12-21 09:22

AzTakさま

おはようございます!

聖人君子のさらに上をいく様な・・・
どっぷりと物語に浸かれるか‼︎
浸かれないか⁈でこの本の評価は
二分されると思います。
AzTakさまのご指摘通りかと(^^)

「老後にお金の心配をしなくていい」
「のんびり暮らしていける蓄え」
私にとっては究極です‼️
AzTakさまの、お歳になった時に
その台詞が言えるように頑張りますp(^_^)q

名前: 京都花大黒 店主 [Edit] 2015-12-21 09:30

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)