FC2ブログ

こんばんは。

少し前になりますが、妻が龍安寺へ行きました!
その時のご報告です〜 (^^)

大雲山龍安寺
徳大寺家の別荘だったのを、宝徳2年(1450)管領細
川勝元が譲り受けて寺地とし、妙心寺の義天玄承を開山
として創建されたものである。
応仁の乱に焼失して、明応8年(1499)、勝元の子
政元が再興したが、寛政9年(1797)火災で方丈・仏殿
開山堂などを失った。
現在の方丈は、そのとき西源院の方丈を移築したもの
である。
方丈の前庭は枯山水の石庭として著名で、臨済宗妙心寺派
に属し、大雲山と号し禅苑の名刹である。
(案内より)

20140928214937020.jpg
山門

20140928214937eef.jpg
鏡容池(きょうようち)
この池は徳大寺家によって築かれたもので、かっては
おしどり池と呼ばれた。
石庭鑑賞後のひとめぐりも、何がなしほっと心が和むのを
覚えるのは、水の効果というものだろう。
池の堤防からは龍安寺全景の山々が古来の姿そのままに
眺望され、四季それぞれの美しさは又格別である。

201409282151225f5.jpg
方丈

2014092821493769f.jpg
石庭

2014092821493722d.jpg
この石庭は、東西25メートル、南北10メートルの空間に
白砂を敷き詰め、15個の石を配したものです。
極端なまでに象徴化されたこの石庭の意味は
謎に包まれており、見る人の自由な解釈に委
ねられています。
室町末期(1500年ごろ)、特芳禅傑などの
優れた禅僧によって作庭されたと伝えられて
います。
また、石庭は菜種油を混ぜた土で造られた
油土塀によって囲まれ、時の経過による油の
変化が独特な風合いを醸し出しています。

20140928214937f0d.jpg
つくばい
方丈の北東に据えてある銭形のつくばいは、一見
〝五・隹・疋・矢〟の文字に読まれるが、中心の
口を共用すれば、〝吾唯足知〟(ワレタダタルヲシル)
と成り、禅の格言を謎解きに図案化された無言の
悟道である。
水戸光圀の寄進といわれている。
一般拝観者が見ることのできるものは複製で
本物は非公開の茶室「蔵六庵」に置かれている。

20140928215246d39.jpg
当店の庭にも、祖父の代から大切にしている
複製のつくばいがあります!
ご来店頂いた時はぜひ見て下さいね〜
祖父もあの世で喜ぶと思います。 (^_^)
スポンサーサイト



もうすぐ運動会

富士•はやぶさ

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは☆

龍安寺いいですよね~お気に入りベスト3に入るお寺です♡

実は以前訪れた時ちょうど紅葉の素晴らしい頃で、わたくしの
拙いカメラテクニックでも充分に美しい写真が山ほど撮れたのに
画像データのバックアップを取らないまま、PCが壊れたことが
あって・・・(^^;
壊れたのはモニターなので本体にはまだ残ってると思うんですけど
もう10年くらい経つからサルベージは無理かなぁ(涙)

奥さまの撮られた美しい写真を拝見していると、もう一度
リベンジしたくなりました☆

つくばいの『吾唯足るを知る』すごく好きなんですこの言(≧▽≦)

名前: あすも [Edit] 2014-09-29 18:02

あすも様

こんばんは〜

なんと残念な〜・・・(涙)
あすもさんが、そこまで言われるのですから
さぞ見事な紅葉だったのでしょう‼️
何とかなりませんかね〜
是非とも拝見したいです!

龍安寺、やっぱり良いですよね〜
私も行きたくなりました (^^)


名前: 花大黒店主 [Edit] 2014-09-29 20:01

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)