FC2ブログ

こんばんは。

近鉄の筒井駅からバスに乗り
20140920231138268.jpg
中宮寺へ
聖徳太子の母•穴穂部間人皇后の宮殿だったという中宮寺
優美な造りの本堂には静かに微笑む菩薩半跏像(世界三大微笑像のひとつ)
そのかたわらには日本最古の刺繍天寿国曼荼羅繍帳(複製)が祀られている。

20140920231240d70.jpg
周りには、たくさんの亀さんが!🐢

2014092023134416a.jpg
つづいて法隆寺へ
法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築として広く知られています。
その創建の由来は、「金堂」の東の間に安置されている「薬師如来像」の光背銘や
『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』(747)の縁起文によって知ることができます。

それによりますと、用明天皇が自らのご病気の平癒を祈って寺と仏像を造ることを
誓願されましたが、その実現をみないままに崩御されたといいます。
そこで推古天皇と聖徳太子が用明天皇のご遺願を継いで、推古15年(607)に
寺とその本尊「薬師如来」を造られたのがこの法隆寺(斑鳩寺とも呼ばれています)
であると伝えています。

現在、法隆寺は塔・金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に
分けられています。
広さ約18万7千平方メートルの境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を
集めた建築物が軒をつらね、たくさんの宝物類が伝来しています。
国宝・重要文化財に指定されたものだけでも約190件、点数にして2300余点に
及んでいます。

このように法隆寺は聖徳太子が建立された寺院として、1400年に及ぶ輝かしい
伝統を今に誇り、とくに1993年12月には、ユネスコの世界文化遺産のリストに
日本で初めて登録されるなど、世界的な仏教文化の宝庫として人々の注目を集めています。

20140920231240d79.jpg
夢殿 (国宝•奈良時代)
聖徳太子が住まわれた斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳を偲んで
天平11年(739)に建てた伽藍を上宮王院(東院伽藍)といいます。
その中心となる建物がこの夢殿です。
八角円堂の中央の厨子には、聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音像(飛鳥時代)を安置し
その周囲には聖観音菩薩像(平安時代)、乾漆の行信僧都像(奈良時代)、平安時代に
夢殿の修理をされた道詮律師の塑像(平安時代)なども安置しています。
この夢殿は中門を改造した礼堂(鎌倉時代)と廻廊に囲まれ、まさに観音の化身と伝える
聖徳太子を供養するための殿堂として、神秘的な雰囲気を漂わせています。

201409202312402ef.jpg
中門 (国宝•飛鳥時代)
西院伽藍の本来の入口となる中門の深く覆いかぶさった軒、その下の組物や勾欄
それを支えるエンタシスの柱、いずれも飛鳥建築の粋を集めたものです。
重厚な扉と左右に立つ金剛力士像(奈良時代)は、日本に残っている最古のものです。

20140920231240588.jpg
日本最古の仁王像•右側の阿形
近ずく者を威嚇し寺を守護する仁王像の原型ともいわれる。
阿形は表面の朱色が残っている。

20140920231240306.jpg
左側の吽形は鎌倉時代に大半を木造で補修された。

20140920231344b17.jpg
金堂 (国宝•飛鳥時代)
法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂が金堂です。
威風堂々としたこの建物の中には、聖徳太子のために造られた金銅釈迦三尊像(飛鳥時代)
その左右には太子の父である用明天皇のために造られた金銅薬師如来座像(飛鳥時代)
母である穴穂部間人皇后のために造られた金銅阿弥陀如来座像(鎌倉時代)
それを守護するように樟で造られたわが国最古の四天王像(白鳳時代)が、邪鬼の背に
静かに立っています。
そのほか木造吉祥天立像・毘沙門天立像(平安時代)の諸像が安置されています。
また天井には、天人と鳳凰が飛び交う西域色豊かな天蓋が吊され、周囲の壁面には
世界的に有名な壁画(昭和24年焼損、現在は再現壁画がはめ込まれています)が描かれ
創建当初の美しさが偲ばれます。

20140920231344a8d.jpg
大講堂 (国宝•平安時代)
このお堂は仏教の学問を研鑽したり、法要を行う施設として建立されましたが
鐘楼とともに延長3年(925)に落雷によって焼失しました
幸い正暦元年(990)には再建され、ご本尊の薬師三尊像及び四天王像も
その時に作られています。

2014092023134489f.jpg
五重塔 (国宝•飛鳥時代)
塔はストゥーパともいわれ、釈尊の遺骨を奉安するためのものであり
仏教寺院において最も重要な建物とされています。
高さは約31.5メートル(基壇上より)で、わが国最古の五重塔
として知られています。

この最下層の内陣には、奈良時代のはじめに造られた塑像群があり
東面は維摩居士と文殊菩薩の問答、北面は釈尊の入滅(涅槃)
西面は釈尊遺骨(舎利)の分割、南面は弥勒菩薩の説法が表現されています。

画像はありませんが、大宝蔵院では
「玉虫厨子(飛鳥時代)も見てきたよ〜」と言ってました
20140920231435b22.jpg
他にも行きた処があったそうですが、この日はここまで…
法隆寺をあとにします!

奈良に行ったら、息子が必ず買う
20140920231435ef9.jpg
きなこだんご•たまうさぎ
お土産を買い、高の原イオンで夕食を食べ

201409202314359b5.jpg
無事、京都駅へ戻ってきました〜(^^)

20140920231435174.jpg
色々と勉強になった一日だったと思います!

20140921140206f9c.jpg
今回の画像は全て、親父の形見にもらったカメラで息子が撮ったものです
リサイズはしましたが、修正などは加えていません
少々見にくいものもありますが、許してやって下さいね
孫が使ってくれて、親父も喜んでいると思います!

最後に、親父のカメラに残っていた
20140921232300f9b.jpg
入学間もない頃の息子です!
小学校一年生…まだ可愛いかったな〜

お終い。









スポンサーサイト



秋限定 マロンパフェ♪ はじめました〜

息子と妻が奈良へ行く その1

comment iconコメント ( 3 )

もこ様

おはようございます。

奈良って、ちょっと地味なイメージが強く
私自身は「行こう!」と思わなかった処なんですが
今回、息子と妻のレポ⁉︎を見て
「やっぱり良いな〜」と思った次第です…(笑)

5年と少し前は、あんなに頼りなげだったのですが
6年生の現在は…ノーコメントとさせて頂きます!

名前: 京都 花大黒 店主 [Edit] 2014-09-23 10:59

おはようございます☆

おお!薬師寺~中宮寺~法隆寺の旅もいいですね~(☆▽☆)
実は奈良のお寺って意外と機会がなくて、東大寺・春日大社・石舞台しか
行ったことがないんです(:_:)
薬師寺の鮮やかな朱塗りや中宮寺菩薩像のアルカイックスマイル、
そして聖徳太子由来の法隆寺・・・どこも行ってみたい所ばかり☆
『古都奈良』熱が沸騰してきました(*^^*)

さすがはお父上譲りのアングルセンスですね!
ご子息の写真、どれもとても美しく建物の魅力を存分に
引き出しておられますね~(感心)
特に中尊寺金堂のアオリと法隆寺仁王像の目線が素敵です♡

1年生のご子息なんて可愛らしい(≧▽≦)
これから思春期を迎えられて、ますます凛々しく頼もしく
なられるのが楽しみにしつつも、この可愛らしさを
いつまでも残したいと思うのが親心ですよね~(*^^*)

名前: あすも [Edit] 2014-09-24 10:39

あすも様

こんにちは!

御香宮さんへ行こうと思っていたのですが
生憎の天気で気持ちが⤵︎な花大黒でございます…
しかし、あすもさんからのコメントで元気になりました〜o(^▽^)o
いつもありがとうございます‼︎

奈良は地味なイメージしかなくて
ちょっと敬遠気味だったのですが…
息子と妻の話を聞き、画像を見ると
意外と表現したら、お叱りを受けそうですが
見処がいっぱいの様で、驚いております!
見る目を養ってから、行ってみたいと思います〜
基本、安土•桃山&江戸初期のキラキラ系が好きなもので(笑)

息子の写真を褒めて頂き嬉しいです!
一緒に行った妻も、一切口出ししていないそうですが
親の撮る姿や、撮った画像を見ていると
似てくるんだな〜と、驚いた次第です
何よりも、ブログのネタに使えたことが
おおいに助かりました〜(笑)

1年生の頃は、あんなに可愛かったのに(すみません親バカで)
5年と少し経った現在は、名残もなく
おっさんへの道を、一歩づつ、しっかりと前進しております。

名前: 京都 花大黒 店主 [Edit] 2014-09-24 11:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)