FC2ブログ

こんばんは。

私が青春18きっぷで東照宮へ行っていた2日目の
8月24日(日曜日) 息子と妻は奈良へ行ってました〜!

近鉄に
201409202310375a2.jpg
西ノ京駅まで乗り

2014092023113866a.jpg
薬師寺へ

20140920231037251.jpg
大講堂
大講堂は、正面41m、奥行20m、高さ17mあり、伽藍最大の建造物です。
講堂が金堂より大きいのは古代伽藍の通則で、これは南都仏教を重んじ講堂に
大勢の学僧が参集して経典を講讃したためです。
大講堂の本尊には彌勒三尊像(重要文化財•白鳳時代)
後堂には仏足石•仏足跡歌碑(国宝•天平時代)が安置されております。
仏足石の両脇に釈迦十大弟子(中村晋也作)も祀られております。

20140920231037bb4.jpg
大屋根に輝く鴟尾

国宝•東塔が見たい!と言っていた息子ですが
残念ながら解体修復中で、見れたのは西塔でした…
201409202310374a9.jpg
西塔
西塔は享禄元年に兵火で焼失し、昭和56年4月に453年ぶりに
創建当初の白鵬様式をもって復興されました。
華麗な西塔が永年の風雪に耐えた東塔と並び立つさまは
大変印象的な光景といえましょう。

201409202317395cb.jpg
金堂
金堂は薬師寺縁起によると二重二閣、五間四面、瓦葺の建物で
各層に裳階(もこし)をつけた美しい堂で、龍宮造りと呼ばれ
ています。
薬師寺白鵬伽藍は、金堂を初めとして東塔の意匠ですべて統一
されています。
また「堂内の荘厳は美をつくし、燈火がなくても金色に光り輝いた」
と伝えられています。

201409202318303ef.jpg
東院堂(国宝•鎌倉時代)
東院堂は、養老年間(717~724)に吉備内親王[きびないしんのう]が
元明天皇[げんめいてんのう]の冥福を祈り、建立されました。
奈良時代は現在地の東側に建てられていましたが、天禄4年(973)の火災で
焼失しました。
現在の建物は正面7間、側面4間の入母屋造本瓦葺で、弘安8年(1285)に
南向きで再建されましたが、享保18年(1733)に西向きに変えられました。
高い基檀の上に建つのは、水害・湿気を避けるためであり、鎌倉時代後期の
和様仏堂の好例です。
堂内には、白鳳仏を代表する国宝 聖観世音菩薩が安置され、その四方は
鎌倉時代の四天王像が守護しています。

薬師寺をあとにし
20140920231138869.jpg
近鉄で移動…

201409202311380b0.jpg
次に向かったのは、筒井駅だとさ


つづく

スポンサーサイト



息子と妻奈良へ行く その2

お好み焼き「一恵」さん

comment iconコメント ( 2 )

大宮と東広島との間のロングドライブ時にいつも法隆寺の前を素通りしてます。
今回こそ寄ってみたいな~と思ってるんですが、大体朝6時ころ通過するんです。時間が許せば車止めてチラッと覗いてみたいです。
とブログを訪問して思ってしまいました。

名前: 自遊自足 [Edit] 2014-09-22 06:25

自遊自足さま

おはようございます!

早朝の法隆寺は、さぞ素晴らしいことでしょうね〜
時間が許せば是非!とお伝えしたいところですが
先の行程を考えると…

ご無理のない範囲でお願いします!

名前: 京都 花大黒 店主 [Edit] 2014-09-22 08:38

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)