FC2ブログ

こんばんは。

国道42号線を少し移動し
CIMG1959_20140721191554f5c.jpg
獅子巌へ

CIMG1961.jpg
獅子巌(ししいわ)
国道42号の七里御浜沿いに存在する獅子の形をした岩山
高さ約25メートル、周囲約210メートル
続いてご紹介する鬼ヶ城の海蝕洞などと同様、波の侵食によって
形成されたものであり、岬の先端へ獅子が口を開いているように
見える
大馬神社の狛犬になぞらえられており、そのため大馬神社には
狛犬が置かれていない。 (ウィキペディアより)

CIMG1964.jpg
確かに、その様に見えますね〜

また少し移動して
CIMG1973_20140721191739faf.jpg
鬼ヶ城

CIMG1976_20140721191738556.jpg
熊野灘の荒波に削られた大小無数の海食洞が、地震による隆起によって階段上に並び
熊野灘に面して約1km続いている。
志摩半島から続くリアス式海岸の最南端で、この地を最後になだらかな海岸(七里御浜)
へと変わる。 (ウィキペディアより)

CIMG1979_20140721191737b4c.jpg
遊歩道が整備されていますが、下を覗くと怖いです…

CIMG1967_201407211917409a5.jpg
沖に見える島は、魔見ヶ島(マブリカ)
魔見ヶ島は、鬼ヶ城の沖合約1.5キロに浮かぶ無人島で
地元ではマブリカと呼ばれ磯釣りやダイビングの人気
スポットとなっています。
桓武天皇のころ、将軍坂上田村麻呂が鬼ヶ城の鬼の征伐を
命じられた際、沖の魔見ヶ島に童子が現れ舞い唄い、鬼が
油断して岩戸を開く一瞬に将軍が神通の矢を放ち、見事一矢で
しとめたという伝説が残っています。 (案内板より)

CIMG1982_20140721191736d95.jpg
このトンネルをくぐると

CIMG1988_20140721191937624.jpg
鬼が住んでいた!と説明されたら、頷ける光景が広がっています…

CIMG1985_201407211919388c5.jpg
水が溜まっている箇所があったので
海が荒れている時は、波がくるのでしょうね〜

CIMG1991.jpg
触ってみると、普通の砂でした…
自然の力に驚きながら
次の目的地へと大きく移動!

つづく
スポンサーサイト



熊野•伊勢の旅 その20 伊勢神宮•外宮

熊野•伊勢の旅 その18 花窟神社②

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)