FC2ブログ

こんばんは。

東野圭吾 さんの
20140509213742c47.jpg
「カッコウの卵は誰のもの」 を読みました!

作品紹介
スキーの元日本代表・緋田には、同じくスキーヤーの娘・風美がいる。
母親の智代は、風美が2歳になる前に自殺していた。
緋田は、智代の遺品から流産の事実を知る。
では、風美の出生は? そんななか、緋田父子の遺伝子について
スポーツ医学的研究の要請が……。
さらに、風美の競技出場を妨害する脅迫状が届く。
複雑にもつれた殺意……。
超人気作家の意欲作!


ミステリーなので、犯人が誰かはもちろん気になりますが
親子の愛情について考える作品でもありました・・・

主人公の父親は、血が繋がっていない娘を
2歳から男手ひとつで立派に育て
いよいよ大舞台へ踏み出そうとした時に
本当の父親の影が迫ってきます
なぜ今になって?
実の父親は、娘である事の確認を急がせます
息子の病気が関係しているのですが…

もう一組の父子も登場し
三者三様の親子関係にも考えさせられました~

もし自分の子供に、世界のトップを狙える才能があると言われたらどうしますか?
また、その才能を開花させるため全面的にバックアップします、と付け加えられたら・・・?
「才能云々よりも、自分のやりたい事にチャレンジしなさい!」と言えるでしょうか?

子育て半ばの私にとって、色々と考えさせられる作品でした!
おすすめです
スポンサーサイト



いざ熊野へ!

健康診断

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)