FC2ブログ

こんばんは。

CIMG5397.jpg
大本堂まできました!

CIMG5399.jpg
お参り前に、香閣から立ち上る煙でお清め。

CIMG5400.jpg
大本堂
昭和43(1986)年建立。大本堂は当山で最も重要な御護摩祈祷を行う中心道場です。
堂内の御本尊不動明王は、向かって右に矜伽羅童子、左に制咤迦童子を従えています。
また、四大明王や平成大曼荼羅などが奉安されています。
堂内には、どなたでもお上がりいただけます。(HPより)

私と同い年ですね・・・

大本堂内は撮影禁止です!

大本堂横には
CIMG5402.jpg
三重塔 (重要文化財)
1712(正徳2)年に建立。総高は25mで、塔内には大日如来を中心に五智如来が奉安され
周囲には「十六羅漢」の彫刻がめぐらされています。
雲水紋の彫刻がほどこされた各層の垂木は一枚板で作られた珍しいもので
一枚垂木と呼ばれています。  (HPより)

CIMG5406.jpg
龍の垂木
「極彩色に彩られた波に龍」
参拝に訪れた方の「目」をもてなしたのでしょうか?
なんか、そんなふうに考えました・・・

CIMG5403.jpg
一切経堂
享保7年(1722年)に建立された転輪経蔵で、略して経堂や輪蔵と称されます。
一般に「一切経」を奉安してあるので、「一切経堂」というのだそうです。
この一切経といわれる、仏教の経典やその注釈書など全ての聖典をまとめたものが
お堂内の八角形の回転輪蔵に納められていて、これを一度回すと一切経を全て音読したのと
同じ功徳があると言われています。
お堂の入口正面に掲げられた「一切経堂」という額は「白河楽翁」といわれた松平定信の筆によるもので
県文化財に指定されています。 (FEEL成田より)

CIMG5404.jpg
鐘楼
元禄14年(1701年)に建立されました。
高さ18m、約7m四方の勾欄をめぐらした入母屋造袴腰付の丹塗の建物で
安政と明治の頃に補修が行われています。
楼上の鐘は昭和43年(1968年)竣工の大本堂建立にあわせて鋳造されました。
鐘は高さ約180cm、口径90cm、重量は1068kgあり、成田葉牡丹の紋章と
くりから竜が配されています。
朝・昼・夕刻に毎日鳴らされる鐘は、境内と門前町に時を知らせる趣のある音色です。
(FEEL成田より)

CIMG5409.jpg
聖徳太子堂
1992(平成4)年に建立、2007(平成19)年に修復されました。
日本の仏教興隆の祖である聖徳太子の理念にもとづき、世界平和を願って建てられました。
堂内には、大山忠作画伯の壁画が6面に渡り描かれてあり、聖徳太子像が奉安されています。
(HPより)

CIMG5410.jpg
釈迦堂 (重要文化財)
1858(安政5)年に建立。
かつての本堂であり、大本堂の建立にあたって1964(昭和39)年に現在の場所に移されました。
仏教を開いた釈迦如来や、普賢、文殊、弥勅、千手観音の四菩薩が奉安されています。
周囲には、五百羅漢や二十四孝の彫刻がほどこされ、江戸時代後期の特色をよく残している
総欅づくりの御堂です。
厄除お祓いの祈祷所です。 (HPより)

CIMG5411.jpg
この堂々たる佇まいと

CIMG5412.jpg
豪華な金の飾りが、かつて本堂であった事を物語っております!

CIMG5414.jpg
う~ん、良い!


つづく

スポンサーサイト



2013年夏・東京へ その30 成田山新勝寺⑤

2013年夏・東京へ その28 成田山新勝寺③

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは☆

丹塗りの鐘楼というのは珍しいですね(@0@)
華やかで目を惹く朱赤のしつらえも素晴らしいですが
やっぱり釈迦堂の荘厳さが好みです(*♡▽♡*)

お寺レポを毎回拝見していて思う事・・・

もしも同じ場所に出かけたら
花大黒さまの写真データとわたくしの写真データ丸かぶりの予感(笑)

おや!大本堂さん、わたくしも同い年!(*^皿^*)

名前: あすも [Edit] 2013-09-27 11:39

あすも様

こんばんは!

釈迦堂良いですよね~ v-10
でもね、本日ご紹介予定「光明堂」の年月を経た
朱漆もまた、渋くて良かったんですよね~
↑自分で今夜アップのブログのハードル上げてどうしましょう・・・v-12

写真データ丸かぶりってホントですか?
ホントだったら嬉しいな~ i-185

みんな!?同い年だったのですね~ i-179

名前: 京都 花大黒 [Edit] 2013-09-27 18:24

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)