FC2ブログ

こんばんは。

お弁当を食べ、充電完了!
次の滝を目指します

CIMG3859.jpg
竜ヶ壺
大きな滝が落ちる姿を見ることはできませんが
水の力が一面の岩盤を石臼のように掘り抜いて
底無しと言われるほど深い壺となっています。
ここには竜が棲んでいるという言い伝えがあり
そこから名付けられました。

CIMG3861.jpg
やっぱり、水の量が少ないのが気になります・・・

CIMG3862.jpg
でも、水は透明度が高く本当に綺麗です!

CIMG3864.jpg
陰陽滝
大自然が生み出した陰陽和合の妙景です。
陽とは滝の流れを指していて、長さは20m、岩石を浸して斜めに流れています。
一方、滝壺は陰をあらわし、深さ3m、広さは20mあります。
滝壺の真ん中に岩の頭が突き出ているのも奇観です。

CIMG3865.jpg
七色岩
渓流の中に大きな転石が見えます。
岩の上には、マツ・モミ・カエデ・サクラ・アカギ・ウメモドキ・ツツジの
7種類の植物が自生していて、小さな島のように見えます。

CIMG3866.jpg
姉妹滝
七色岩を眺めて渓流を登ると見える、大小ふたつにわかれて落ちる滝です。
右を姉滝、左を妹滝と言います。仲のよい姉妹を思わせる姿をしています。

このあたりを歩いていた3時半頃だったでしょうか?
四十八滝アナウンスがあり「5時頃までに戻るようにして下さい!」との事
最終の滝までは、まだかなり距離が残っているので
緊急家族会議の結果「赤目四十八滝のシンボル的存在・荷担滝まで行こう!」
となりました~

CIMG3867.jpg
柿窪滝
高さ5m、滝壺の深さ10mの滝です。
岩盤を丸く掘り抜いたような滝壺が特に美しく、清流を枝とすれば
滝壺が柿の実のように見えるので、この名前が付いたようです

CIMG3868.jpg
笄滝
笄(こうがい)とは日本髪に刺す飾りのこと。
巨岩にはさまれて落ちる滝の形が笄に似ているのでこう名付けられました。
この滝が流れ込む滝壺は横渕と呼ばれ、赤目四十八滝の中でただひとつ
滝と滝壺の名前が違っている滝です。

CIMG3869.jpg
横渕
笄滝が流れ込む滝壺で、幅15m、長さ5m、深さが10mあります。
横に長いので横渕と呼ばれています。

木漏れ日がキラキラ光る川面は神秘的で見とれてしまいました~

CIMG3870.jpg
骸骨滝
渓流にかかる小さな滝です。
落ち口に骸骨に似た岩が横たわっているので、この名が生まれました。

CIMG3871.jpg
斜滝
川の流れが斜めに変わって落ちている滝です。
正面から見ると、山も岩も木も斜めにそびえていて奇妙な景色です。

CIMG3872.jpg
大きな岩 + 綺麗な水 + 茂る木々 = 絶景! 気持ち良い~!!

CIMG3873.jpg
荷担滝を目前にし、最後の難所?
親切なことに、危険な処には必ず手すりが付けられていました!

CIMG3878.jpg
着きました~、赤目四十八滝のシンボル的存在・荷担滝

CIMG3879.jpg
荷担滝
高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが
荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。
滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり
渓谷随一の景観と絶賛されています。

残念ですが、今回はここまでで引き返します
サンショウウオセンターまで2600メートル・・・

少し戻ると
CIMG3881.jpg
こんなお友達が出てきてくれました~!
慌てて逃げる息子 ・・・オイオイ

CIMG3882.jpg
もともとこのお休みの日は、「乗り鉄」を予定していたのですが

CIMG3883.jpg
赤目四十八滝へと変更して、本当に正解でした!

マイナスイオンももちろん良いのですが
「滝」には人を惹き付ける魅力があるのだと思います
CIMG3884.jpg
何が?と聞かれても、答えることはできませんが
行かれた方なら分かってもらえますよね~・・・

CIMG3885.jpg
もう5キロ以上歩いているにもかかわらず
足取り軽く先に行き、笑顔でポーズをきめる息子
「若いって良いな~」と羨ましく思うのと同時に
「成長したな~」と少し感動した私でした!(ごめんなさい親バカで・・・)

CIMG3886.jpg
滝の出入り口、日本サンショウウオセンターまで戻ってきました~
荷担滝まで往復5.2キロの散策でした!

CIMG3888.jpg
戻ってきたら「食べよう!」と楽しみにしていた
へこきまんじゅう
へこきまんじゅうの「たまきや」さんHP

CIMG3889.jpg
息子は、「元祖へこきまんじゅう」(さつまいも生地のみのシンプルな味)
私は、さつまいもの生地につぶあんの「金のへこき」を頂きました~

CIMG3890.jpg
散策で疲れた身体に、さつまいもとつぶあんの優しい甘さが最高に美味しかったです!
帰りの「へこきまんじゅう」お薦めです

CIMG3891.jpg
本当に行って良かった 赤目四十八滝
到着が遅く、最終の滝まで行けなかったのは残念でしたが
滝の魅力を十分楽しむ事ができました~

赤目四十八滝散策お薦めで~す!
赤目四十八滝HP

最後になりますが、赤目四十八滝を薦めて下さいました
あすも様にお礼申し上げます。
お陰様で楽しい1日を過ごす事が出来ました、有り難うございました。

おしまい。

スポンサーサイト



準備OK!

赤目四十八滝 その1

comment iconコメント ( 4 )

No title

赤目四十八滝v-356
十分に堪能させていただきました。。。
いつも、行った気にさせていただきまして、
お礼申し上げま~すv-222

イメージトレは、ばっちり出来たので…
あとは、いつもの通り…
“妻のOK”待ちなのですが…
ハードルは高い。。。v-406

いつになるかわかりませんが、
私も行ったら、同じアングルで写真を撮り、
同じようなブログを作成したいと思います。。。

ご旅行、楽しんで下さいませ~
お天気をv-421

名前: ♪CHOCO♪ [Edit] 2013-08-24 10:34

お疲れさまでした☆

同じところで引き返してらっしゃる~(笑)
荷担滝ってターニングポイントなのでしょうかwww
実際、ここまででもかなりの距離とトレッキング感が
ありますものね!

わたくしも『横渕』の深々としたたたずまいが
一番気に入りました(*^^*)
それぞれの滝によって流水の表情が違っていて
とても興味深かったです。

『へこきまんじゅう』wwwこのネーミングセンス抜群だ~(笑)
素朴な甘さがじわーんと染み渡る感覚は、頑張って歩いた方への
なによりのご褒美ですね♡

こちらこそ『暑さ』も含めて(笑)楽しんでいただけたご様子、
とても嬉しいです。美しいお写真をたくさん拝見させていただき
ありがとうございました☆
どうぞみなさま、お疲れの出ませんように・・・(*^^*)

名前: あすも [Edit] 2013-08-24 12:00

♪CHOCO♪様

こんにちは~ i-179
コメントありがとうございます!

今回も頼りない、レポートですみません・・・i-229
本当の赤目四十八滝は魅力満載の素晴らしい処なので
奥様のご理解を得て、ぜひお出掛け下さいね!
♪CHOCO♪様のレポートブログ楽しみにしておりま~す。

お天気が気がかりですが
東京へ行ってきま~す!e-68

名前: 京都 花大黒 [Edit] 2013-08-24 15:48

あすも様

こんにちは~v-290
コメント有り難うございます!

あすも様も「荷担滝」でしたか~
どこで折り返す?となったら
やっぱりあそこになりますよね~(笑)
仰る通り、かなりの距離でした~・・・

魅力いっぱいの四十八滝でしたが
「横渕」の魅力は最高でした!

名前で笑い、食べて嬉しい
「へこきまんじゅう」
間違いなく、四十八滝名物ですね!

今回は、背中を押して頂き本当に
有り難うございました。
夏休みの楽しい1日となりました!
身体の方は、今のところ大丈夫です。(笑)

ちょっと天気が心配ですが
明日から東京へ行ってきま~す。v-494


名前: 京都 花大黒 [Edit] 2013-08-24 16:52

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)