FC2ブログ

こんばんは。

CIMG1899.jpg
熊野那智大社へ
熊野那智大社社伝に「神武天皇が熊野灘から那智の海岸“にしきうら”に御上陸されたとき
那智の山に光が輝くのをみて、この大瀧をさぐり当てられ、神としておまつりになり
その御守護のもとは、八咫烏の導きによって無事大和へお入りになった」と記録されております。

命の根源である水が豊富にあふれ落ちる「那智大瀧」を、この熊野に住む原住民の人々も
神武天皇御東征以前からすでに神として奉祀されていたとも伝えられていますが
いずれにいたしましても古代からこの大瀧を「神」としてあがめ、そこに国づくりの神である
「大巳貴命」(大国主命)をまつり、また、親神さまである「夫須美神」(伊弉冉尊)を
おまつりしていたのであります。

その社殿を、お瀧からほど近く、しかも見晴しのよい現在の社地にお移ししたのは仁徳天皇五年
(三一七年)と伝えられています。
この時、大瀧を「別宮飛瀧大神」とし、新しい社殿には「夫須美大神」を中心に、国づくりに
御縁の深い十二柱の神々をおまつりしました。
やがて仏教が伝来し、役小角を始租とする修験道がおこり、古来の神々と仏とを併せてまつる
いわゆる神仏習合の信仰が行なわれるようになりました。

その後、「蟻の熊野詣」といわれる程に全国から沢山の人々が熊野を目指すことになるのですが
中でも、皇室の尊崇厚く、延喜七年(九〇七年)十月、宇多上皇の御幸をはじめとして、後白河法皇は
三十四回、後鳥羽上皇は二十九回もご参詣の旅を重ねられ、また花山法皇は千日(三年間)の瀧籠りを
なされたと記録されております。

なお「熊野」という地名は「隈の処」という語源から発しているといわれていますが、だとすれば
ここは奥深い処、神秘の漂う処ということになります。
また「クマ」は「カミ」と同じ語で、「神の野」に通じる地名ということにもなります。

その「神の里」に詣で、漂う霊気にひたり、神々の恵みを得ようとして、古代から多くの人々が熊野へ
そして那智山へ参詣されています。
(HPご由緒より)

CIMG1898_20140719211545f7e.jpg
青岸渡寺さんから続く門から入ったので

CIMG1914.jpg
表参道の鳥居の方へ
茅の輪をくぐらせて頂きました!

CIMG1907.jpg
手水舎で清め

CIMG1906.jpg
拝殿へ
御本殿は拝殿の奥に鎮座し、第一殿から第五殿まであります
主祭神は第四殿の熊野夫須美大神(くまのふすみおおかみ)

つづいて
CIMG1909.jpg
八社殿へ
八咫烏が目に飛び込んできます!
熊野にたどり着いた神武天皇を八咫烏が大和の国へ案内したと古事記には
記されていますね~
熊野三山のシンボルです !

CIMG1900.jpg
拝殿の横にある大きな樟(クスノキ)

CIMG1901.jpg
平重盛のお手植えの木で、樟霊社として祀られています!
また、根っこが空洞になっていて、胎内くぐりをさせて頂けます

CIMG1903.jpg
護摩木に願と名前を書いて、初穂料300円を納めます

CIMG1904.jpg
護摩木を持って胎内くぐりをし
最後に護摩木を納めます!

CIMG1905.jpg
樹齢800年以上の老樟
存在感がハンパないですね~

CIMG1915.jpg
先を急ぎましょう!

つづく

こんばんは。

妻が夕方から、四条の方へ出掛けるというので
画像をお願いしておきました!

新町通りを南下していくと…
20140720220939b4a.jpg
北観音山さん
駒形提灯を準備中

201407202209392f8.jpg
南観音山さん
準備完了のようですね〜

お町内の、くろちくさんには
20140720220939455.jpg
ショーケースにミニチュアの山鉾が勢揃い!

201407202209398a3.jpg
岩戸山もありました〜、嬉しい‼︎

放下鉾さんのお町内を通過し、四条通を渡れば
20140720221049abf.jpg
大船鉾さんの四条町です!
船首の大きな金幣が目を引きますね〜

201407202210494b6.jpg
拝観には長蛇の列が…凄い人気です❗️

20140720221049e0e.jpg
150年ぶりの復興を心よりお祝い申し上げます
囃子方が練習を始められてから、18年でしょうか?
よくぞここまで!という言葉が正直な気持ちです
24日の後祭巡行が楽しみになってきましたね〜
少しだけでも見に行かせてもらおうかな⁉︎









こんばんは。

三重の塔のから本堂へ向かいます
CIMG1836_20140710111248077.jpg
那智の滝をバックに三重の塔
一番の撮影スポットですね 

鐘楼があります
CIMG1840_201407101112456dd.jpg
この梵鐘は元亨四年(鎌倉時代)鋳造
那智山執行法印権大僧都
道済滝本執行法印尊什
河内國河内介弘の銘あり。

CIMG1842_20140710111431621.jpg
鐘楼の彫刻が気になりました!
麒麟でしょうか?
後ろ足が折れているのが・・・(涙)

CIMG1846_2014071222144116f.jpg
寳篋印塔
この寳篋印塔(ほうきょういんとう)は、明治以前 別の場所にあったものが
現在の位置、本堂に向かって右側後方に移転されました。
高さ4.3mで、蓮花付きの台座上に台石を置き、台石には元亨2年(1322年)
の造立銘(ぞうりゅうめい)が刻まれています。
台石上にさらに蓮華座を造り、塔身を立て、4面に蓮華座付きの月輪を線刻し
種子四字(しゅじよんじ)を刻んでいます。
笠石の隅飾突起(かさいしのすみかざりとっき)にも日輪を浮彫りし
梵字を入れています。
造立年代も明らかで形態が良く整った宝篋印塔で、重要文化財です。

CIMG1837_2014071011124749c.jpg
青岸渡寺本堂の右より、那智の滝と塔を望む。

CIMG1838_20140710111246f12.jpg
本堂横で圧倒的な存在を示す タブの木

CIMG1839_20140710111245735.jpg
樹齢七百年とは…

CIMG1843_20140710111430776.jpg
本堂の前へ行きましょう

CIMG1895_2014071921135112b.jpg
那智山青岸渡寺
「補陀洛や岸打つ波は三熊野の那智のお山にひびく滝つ瀬」と御詠歌で
親しまれている西国第一番の礼所であります。
当山の縁起によるとその開基は仁徳帝の頃(4世紀)、印度天竺の僧、裸形上人が
那智大滝において修行を積みその暁に瀧壷で八寸の観音菩薩を感得し
ここに草庵を営んで安置したのが最初です。
その後、200年推古天皇の頃、大和の生佛上人が来山し、前述の話を聞き一丈(3m)の
如意輪観世音を彫み、裸形上人が感得した八寸の観音菩薩を胸佛に納め勅願所として
正式に本堂が建立されたのです。
平安朝中期から鎌倉時代は、「蟻の熊野詣」といわれ、熊野三山の信仰が盛んになり、この時
65代花山法皇が三年間山中に参籠され那智山を一番にして近畿各地の三十三観音様を巡拝
されましたので、西国第一番礼所となりました。
現在の本堂は、織田信長南征の兵火にかかり、天正18年(1590)豊臣秀吉によって再建され
桃山時代の建築をとどめ紀南で一番古い国指定の重要文化財建造物で、この堂の高さは18mで
大滝の落口の高さと同じであるといわれています。
青岸渡寺尊勝院は、那智山開山の裸形上人像と如来像を安置。中世以降は天皇、皇族の熊野詣
での宿泊所にあてられていました。
不開門は同院の入り口にある唐破風の四脚門で有名。
なお、大正7年に那智の滝参道口・沽池と呼ばれるところから発掘された、飛鳥・白鳳時代から鎌倉
時代初期にかけての熊野信仰を知る貴重な那智経塚出土品のうち、白鳳、奈良時代の観音菩薩立像
また藤原時代後期の金剛界三昧耶形(曼荼羅を立体的に表現)が国指定重文になっています。
境内からは那智の滝、那智原始林、太平洋の眺めもよく、鎌倉時代の重文・宝篋印塔(4.3m)や
梵鐘があります。  (HPの御由緒より)

香炉にちょこんと獅子さん
CIMG1896_20140719211351315.jpg
阿形

CIMG1897_20140719211350baa.jpg
吽形

あまりにも可愛いので、連れて帰りたいくらいでした!

つづく

こんばんは。

宵山から帰宅したのが深夜1時前、寝たのは2時頃だったでしょうか?
でも巡行の朝は早いです!
6時に起床し岩戸山町へ向かいました
しかし、根っからの祇園祭好きの私
少し寄り道…(笑)

20140717182000755.jpg
長刀鉾さん

20140717182000c8a.jpg
下水引•緋羅紗地五彩雲麒麟図刺繍が目を引きます!

20140717182000501.jpg
見送り•雲龍文綴錦も素敵ですね〜

201407171820008cc.jpg
函谷鉾さん
函谷鉾さんも豪華な鉾ですが、中でも
前懸け「イサクに水を供するリベカ」のタペストリーは凄いですね〜

2014071718200046c.jpg
菊水鉾さん

20140717182000752.jpg
鶏鉾さん

201407171821500fe.jpg
月鉾さん

20140717182150c4a.jpg
放下鉾さん

201407171821506e6.jpg
船鉾さん

7時に行く予定が、10分ほど遅れてしまいました(汗)
巡行中の飲み物を積んだり、懸装品のビニールカバーを外したり
そして、一番大変な力仕事
20140717182150af8.jpg
見送り(日月龍唐子嬉遊図)を綺麗に装着し

最後に、御神体を直射日光から守る布を外したら準備完了です!
201407171821502f7.jpg
天照大神

20140717182255fc5.jpg
手力雄尊

伊弉諾尊はすでに屋根の上に安置されていたので撮影は不可でした…

浴衣に着替え
20140718170422323.jpg
順番に乗り込んでいきます

船鉾さんが動かれたので
2014071817042282d.jpg
我が岩戸山も出発です!

四条通りにて
2014071718225541e.jpg
前を進む、放下鉾さん

前祭の殿を務める
2014071718225568b.jpg
船鉾さん

四条通を進む
20140718174125bfb.jpg
岩戸山

各山鉾一番の見せ場、四条河原町交差点での辻回し
20140717182255803.jpg
放下鉾さんの辻回しは

201407171822558c7.jpg
テンポの良いお囃子にのって格好良く決まりました!

20140718170422d80.jpg
御池通にて、放下鉾さんの横を通過する岩戸山

20140718181152397.jpg
新町通りは、道幅が狭く山鉾は民家ギリギリを進みます
見物の方々との距離も近く、声援が届き有難いです!
最後の力を振り絞り、岩戸山町を目指します

四条新町
20140717182255ab6.jpg
最後の辻回しをする、月鉾さん

20140717182348bee.jpg
最も美しいとされる

20140717182348e3f.jpg
3回で完璧な辻回しを披露されました!

201407171839281a9.jpg
月鉾さんの辻回しが終わるのを待って

20140717183928dcb.jpg
新町通りを南進する岩戸山
お町内はもうすぐです…

201407171839487d8.jpg
先輩方のご好意により、最後は笛方の先頭に❗️

20140717182348573.jpg
約5時間の巡行を終え、お町内に戻ってきました

2014071718392830d.jpg
満足感と、寂しさと、疲労が混ざった巡行後のこの気持ちは
何年やっても、おっさんになっても変わりません…
やっぱり祇園祭って良いですね〜

あとは27日の足洗いだけとなりました!(笑)

こんばんは。

無事に山鉾巡行が終わりました!

2014071718392850f.jpg
終わった〜という満足感と
終わってしまった、という寂しさと…
毎回ですが17日の夜はこんな気持ちです(笑)

明日に改めて今日の画像をご紹介したいと思います
今夜は、早く休ませて頂きます、お休みなさい。

おはようございます❗️

20140717082346607.jpg
準備が整いました、今から浴衣に着替え、出発します。

こんばんは。

今年の祇園祭も前祭巡行を明日にひかえ
20140715233645a99.jpg
本日は 宵山

9時半頃まで岩戸山上でお囃子し
その後、四条寺町の御旅所へ向かいます!

四条通りなどで岩戸山を見かけたらご声援よろしくお願い致します

20140715233645c2b.jpg
では、宵山を思いっきり楽しみたいと思いま~す!


明日は山鉾巡行参加のためお休みさせて頂きます。

こんばんは。

CIMG1823_201407101039350a0.jpg
三層部分の蟇股
参拝者に触られてでしょうか?
残念なことに色がほとんど剥がれ落ちていました…(涙)

下の層へ下りてきました
CIMG1830_201407101103540f9.jpg
上の層みたいに金網がなく

CIMG1831_20140710110354e10.jpg
どの角度でも撮影可能なんですが
曇っているのが残念ですね〜…

塔内に目を向けると
CIMG1822_20140710103936e24.jpg
塔内の壁は曼荼羅と

CIMG1824_20140710104251b2d.jpg
天井は格天井で飾られていました!

CIMG1815_20140710103743c20.jpg
塔三層に安置されている 千手観世音菩薩
飛龍権現の本地仏だそうです。

CIMG1834_20140710110352bb4.jpg
塔一層には飛瀧権現の不動堂に安置されていた 不動明王

CIMG1825_2014071010425178a.jpg
塔二層には尼子十勇士•山中鹿介の持仏堂の本尊であった 阿弥陀如来像
が安置されています。

CIMG1826_20140710104249aaa.jpg
鎌倉時代の作とされる阿弥陀如来像ですが

私の心を掴んだのは
CIMG1829_201407101042480e7.jpg
この獅子と

CIMG1828_20140710104247af4.jpg


う〜ん、素敵すぎます❗️

つづく






こんばんは。

飛瀧神社の次に向かったのが
三重の塔が綺麗な、那智山青岸渡寺
CIMG1809_20140710103548760.jpg
石段を登ります!

CIMG1810_201407101035471aa.jpg
ちょっと登りにくくなってきましたが
良い雰囲気の中、歩を進めます

CIMG1811_20140710103546aa1.jpg
もうちょっとかな…?

CIMG1812_20140710103746731.jpg
見えてきました〜 (^_^)

CIMG1813_20140710103745d9f.jpg
那智山青岸渡寺 三重の塔

本堂と滝の中間に建つ三重塔は、1581年の兵火によって焼失
現在の塔は、約400年ぶりとなる1972年に再建されたもので
三層高さ25メートル、一辺12メートル
青岸寺の本堂からは、塔と滝が素晴らしい一枚の絵の様に見えるそうです!

CIMG1814_201407101037449da.jpg
手水舎で清めて、塔の中へ

CIMG1819_20140710103938851.jpg
300円納めて、なんと!エレベーターで最上階へ・・・
(さすが昭和の塔です! でも年配の方には有り難い設備ですよね)
せっかくの眺めが~・・・と思いましたが

CIMG1818_20140710103939443.jpg
那智の滝撮影スポットが用意されていました!

CIMG1831_20140710110354e10.jpg
素晴らしい眺めを堪能させて頂きました!

つづく







こんばんは。

今日から夜のお囃子が始まりました〜
夜店が出るのは、15日と16日なのでまだ盛り上がりにかけますが
その代わりに人が少ない分、山鉾をゆっくり見ることが出来ます!

私が所属する岩戸山の見処を少しご紹介したいと思います
有名な処では
20140713225534b44.jpg
屋根裏の「金地著彩草花図」は、明治の日本画壇である今尾景年(1845-1924)の名作で

201407132255341a5.jpg

20140713225534a8b.jpg
前後軒裏の「金地著彩鶺鴒図」は、弟子の中島華鳳による作品です
師弟の作品を見較べて頂くのも一興かと…

20140713230819f07.jpg
天水引は緋羅紗地鳳凰丸刺繍です

いろいろとありますが、中でも私が一番好きな懸装品は
20140713225534916.jpg
下水引の、波鳳凰文綾地錦(なみほうおうもんあやじにしき)です!
金地に鳳凰が舞う姿が素敵でしょう!

もし岩戸山へ来られることがありましたら、是非ご覧になって下さいね~

風味 豊様
先日はご心配頂き有難うございました!
前祭の山鉾は無事、予定通り組み上がっております
毎日、雨を心配しないといけませんが(毎年のことですが…笑)
17日の巡行まで頑張ります‼︎
来て頂けないのは残念ですが、引き続き応援の程宜しくお願い致します。

船鉾の後輩が来てくれたので
201407132254498a1.jpg
少し船鉾さんへ、お邪魔してきました~ (笑)

2014071322544960c.jpg
大舵の螺鈿細工は、いつ見ても素晴らしいですね!

20140713225449439.jpg
龍の彫刻も素敵です  

後輩との恒例行事
20140713225449d4e.jpg
粽交換をして岩戸山に戻っきました~
Nちゃん毎年ありがとう!

どうしましょう・・・ブラジルW杯の決勝を見ようか迷っております (笑)