こんばんは。

横須賀軍港めぐりを堪能し
次に向かったのは

CIMG4800.jpg
三笠公園内にある、記念艦「三笠」です。

CIMG4801.jpg
三笠の前に建つ、東郷平八郎提督の像

東郷平八郎
明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し
日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人である。
日露戦争においては、連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇った
ロシア帝国海軍バルチック艦隊を一方的に破って世界の注目を集め
アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られることとなった。
当時、日本の同盟国であったイギリスのジャーナリストらは東郷を「東洋のネルソン」と
同国の国民的英雄に比して称えている。
日本では、大胆な敵前回頭戦法(丁字戦法)により日本を勝利に導いた世界的な名提督として
東郷と同藩出身者であり同じく日露戦争における英雄である満州軍総司令官・大山巌と並び
「陸の大山 海の東郷」と称され国民の尊敬を集めた。 (ウィキペディアより)

CIMG4802.jpg
戦艦三笠
三笠は1904年(明治37年)2月に始まった日露戦争において
東郷平八郎司令長官が率いる連合艦隊の旗艦として、終始敵の集中砲火の中で奮戦し
同年8月10日の黄海海戦では露国東洋艦隊に大打撃を与え
遂に1905年(明治38年)5月27日の日本海海戦では
遠来のバルチック艦隊を全滅させる偉功をたてた日本海軍の代表的な軍艦です。
日本海海戦の大勝利は、世界史の流れを大きく変えたと言われていますが
この偉業を成し遂げた日本民族の誇りと自信を新たにするとともに
その栄光を永く後生に伝えるために、その「シンボル」として、三笠は1926年(大正15年)
収蔵する多数の記念品とともに、記念艦として保存することになり、難工事を克服して
横須賀市の三笠公園内に固定され、多くの人に親しまれてきました。

CIMG4803.jpg
入艦します!
観覧券 一般500円 高校生300円 小・中学生は無料

rps20130831_214748.jpg
夏の横須賀ドル旅まつり 開催中だったので
入艦料を$で支払いました~

CIMG4805.jpg
8cm砲
当時は12听砲と呼ばれ砲員は4名
弾丸重量は5.4kg、20門あったが現在は10門(全てレプリカ)

CIMG4806.jpg
マストの高さは50メートル以上

CIMG4807.jpg
自由に見学できるので上にも行ってみましょう!

CIMG4808.jpg
主操縦室

CIMG4809.jpg
波で揺れる中、このマストを登り見張りされていたんでしょうね~ (怖い~)

CIMG4810.jpg
船首は皇居に向かっているそうです。

CIMG4811.jpg
主砲は40口径30.5cm連装砲を艦前後に各1基(計4門)を備える(全てレプリカ)。

CIMG4816.jpg
艦前部の主砲塔と前艦橋

CIMG4818.jpg
艦首に輝く菊花紋章

CIMG4819.jpg
軍港巡りで見た現在の軍艦とは違う
迫力というか、凄みのようなものを感じました。

CIMG4820.jpg
もう少し、ゆっくりと見学したかったのですが
ハマスタへ向かいます!

CIMG4821.jpg
横須賀中央駅に戻り

CIMG4824.jpg
速い!京急の快特で

CIMG4825.jpg
京急横浜駅まで行き
お隣のJRへ

CIMG4826.jpg
JR横浜駅から

CIMG4827.jpg
京浜東北線で

CIMG4828.jpg
ハマスタの最寄り駅「関内」へ

CIMG4829.jpg
ヨコハマスタジアム に到着
凄い熱気です!

つづく






スポンサーサイト

こんばんは。

ヨコスカネイビーバーガー を食べ終えたら
ちょうど「軍港めぐり」集合の時間となりました~

CIMG4777.jpg
汐入桟橋へ
すでに多くの方が並ばれていて、息子と私は最後尾・・・

CIMG4778.jpg
出発して、すぐに見えたのがこの潜水艦です!
日本で潜水艦が見れるのは、ここ横須賀と広島県の呉だけだそうです。

CIMG4779.jpg
アメリカ海軍のイージス艦・マスティン

グレーの船体ばかりが並ぶ中
CIMG4780.jpg
1艇だけ目立つオレンジ色の船は
南極観測船・しらせ

CIMG4782.jpg
潜水艦救難艦・ちはや

CIMG4783.jpg
護衛艦・ひゅうが
全長 約200m、排水量 満載・約19000トン
いずれをとっても海上自衛隊史上最大級の護衛艦だそうです!

CIMG4784.jpg
海上自衛隊の潜水艦

CIMG4785.jpg
アメリカ海軍のイージス艦・カーティスウィルバー

CIMG4786.jpg
イージス艦かどうか見分ける方法は
この亀の甲羅のような処が船体にあるかどうか!?
あればイージス艦だそうです!

CIMG4787.jpg
両方とも、イージス艦なので
亀の甲羅がありますね~ (笑)

イージス艦とは?
イージスシステムを搭載した艦艇の総称。
通常、高度なシステム艦として構築されている。
フェーズドアレイレーダーと高度な情報処理・射撃指揮システムにより
200を超える目標を追尾し、その中の10個以上の目標を同時攻撃する能力を持つ。
開発当初の目的である艦隊防空だけではなく様々な任務に対応可能な汎用性を持つため
アメリカ海軍ではイージス艦のみで水上戦闘群を編成している。(ウィキペディアより)

軍港めぐりで、不動の人気を誇る
航空母艦・ジョージワシントン
アメリカ国外で唯一配備されている空母であり、日本に配備された初の原子力推進空母である。
デカ~イ!!
CIMG4790.jpg
前日までは「お留守」だったそうですが
今朝ひょこり帰ってきたらしいです・・・ラッキー!
全長 333m
全幅 76.8m
排水量 満載・104178トン
乗員 約6000名
ジョージワシントンの中には、コンビニやATM、教会もあり
1日に消費するお肉の量は約3トンにもなるそうです!

ガイドさん曰く
「人気の高いジョージワシントンですが、軍港めぐりに来て頂いても
常時見れるわけではない」そうです!(笑)

CIMG4791.jpg
海洋観測艦・にちなん

CIMG4793.jpg
退役した潜水艦
そのまま保存されているのは珍しいそうです。

CIMG4794.jpg
左・302 掃海艦 つしま
右・303 掃海艦 はちじょう
磁気反応型機雷を避けるため木造である。
木造船としては、世界最大級の船舶でもある。(ウィキペディアより)

CIMG4796.jpg
護衛艦・はたかぜ

CIMG4797.jpg
手前・152 護衛艦 やまぎり
奥・129 護衛艦 やまゆき

CIMG4798.jpg
左・護衛艦 たかなみ
中・護衛艦 むらさめ
右・護衛艦 おおなみ

CIMG4799.jpg
新井掘割水路を通り、汐入桟橋へと戻ってきました!
天気が良ければ、富士山やスカイツリーも見えるそうですが
残念ながら「まったく見えませんでした・・・」
しかし、ひゅうがジョージワシントン が見れたので大満足です!
「横須賀軍港めぐり」 超お薦めです!!

息子も私も、軍艦に興味があったわけではありませんが
見ていると、やっぱり惹かれるものがありますね~
せっかくの機会ですし、また今は何が起きるか分からない時代でもあります・・・
横須賀記念に、我が家も航空母艦を1艇買ってきました~
rps20130830_173654.jpg
ジャ~ン!
空母チョコクランチ 800円
良いでしょう・・・!?

つづく

こんばんは。

錦糸町駅へ到着!
CIMG4772.jpg
E217系 車両がずら~っと並んでおります!
(今回かなりお世話になった217系ですが、あまり好きではありません・・・)

雨が降る中をホテルへ向かいます
CIMG4721.jpg
残念ながら、スカイツリーもこんな感じです・・・

駅から徒歩2分!?
CIMG4719.jpg
今回お世話になる、ロッテシティホテル錦糸町 に荷物を預かってもらい

CIMG4718.jpg
錦糸町駅から、息子・妻との合流地点「品川」へと急ぎます!

CIMG4773.jpg
中央線で

CIMG4724.jpg
秋葉原駅に行き

CIMG4774.jpg
秋葉原から、京浜東北線で

CIMG4726.jpg
品川駅へ

JRから
CIMG4728.jpg
京急に電車を替え、横須賀を目指します!

CIMG4732.jpg
京急大好きな息子は
来る電車を、「嬉しそうに眺めております!」
本人曰く「東京に来た~!と感じる瞬間」だそうです・・・

CIMG4730.jpg
ラッキーな事に ブルースカイトレイン も見れました~

CIMG4733.jpg
乗った、快特新1000形ステンレス車

京急って、ホントに速いですよね~
CIMG4734.jpg
品川から約50分で、横須賀中央駅に到着です!

CIMG4736.jpg
ドブ板通りをブラブラ歩き

横須賀バーガーのお店
rps20130828_150944.jpg
SURF TACO さん
こちらのお店は、有名な「TSUNAMI」さんの姉妹店
同じ食材を使用されているそうです!

待つこと15分ほど
rps20130828_151001.jpg
ヨコスカネイビーバーガー + ポテトフライ
デカ~イ!

CIMG4741.jpg
口を大きくあけて、ネイビーバーガーと格闘中の息子 (笑)
思っていたよりも、油っぽくなくて美味しかったです!
息子も気に入った様子でした~

昼食後は
CIMG4742.jpg
売り切れギリギリ、なんとか手に入った
「YOKOSUKA軍港めぐり」へ

つづく

こんばんは。

今日から昨日帰ってきた
東京旅行をアップさせて頂きます!

できるだけ息子の希望に応える旅行なので
ディズニーランドなど華やかな旅行ではございません・・・
あまり期待せずお付き合い頂ければ幸いです!

8月25日(日曜日)
小雨が降る生憎の天気の中
父に京都駅へ送ってもらい、今回の旅行がスタートしました!

CIMG4705.jpg
6時48分発 東京行き のぞみ102号

新幹線が入線するアナウンスを聞いても
まだ眠たそうな顔をしていた息子ですが
2013041714575145f.jpg
ホームに滑り込んでくる車体を見て、一気に目が覚めたようです!

CIMG4706.jpg
ボディに輝く 「A」 の文字
そうなんです!今回の旅行で「会いたい!」と息子が願っていた
新型車両の 「N700A」 に乗れたんです!!
後で息子に「なぜ先頭車両を見ただけでN700Aだと分かったの?」と聞いたら
「ほとんどの車両が汚れで屋根がグレーなのに、この車両は屋根も綺麗だったから新しい車両だと思った」と答えました
オタクちゃんは見ている処が違いますね~・・・

CIMG4707.jpg
我が家には、まったく似合わないグリーン車 です!(笑)

これには、いつもお世話になっている JR東海ツアーズ さんマジックがありまして・・・

片道1000円アップでグリーン車に変更できるんです!
それを知った息子が「どうしても乗りたい!」と言ったので
「じゃ~各自負担で」と話は収まりました
いざ申し込みとなった時、事件は起きました・・・
大人は1000円だけど子供は2500円アップ
悩む息子・・・グリーン車には乗りたい!でも2500円は痛い・・・
しばらく考えて、息子が出した答えは
「1000+1000+2500÷3=1500円」→ 各自1500円負担でお願いします!
この答えには、妻も私も吹き出しました~!

こうして、めでたく?
CIMG4708.jpg
グリーン車で東京へ向かいました

CIMG4710.jpg
東京駅に到着!

CIMG4709.jpg
N700A に別れを告げ

rps20130828_150755.jpg
息子と妻は東京ドームにあるグッズショップへ

10・阿部選手のユニフォームTシャツとタオル
CIMG4775.jpg
文房具も少し買っておりました!

私は、お世話になるホテルへ荷物を預けに行きました~
CIMG4713.jpg
横須賀・総武線のホームへ下り

CIMG4771.jpg
錦糸町へ向かいます

CIMG4715.jpg
錦糸町駅に到着!

つづく



おはようございます!

最終日も別行動で~す
妻は出発まで自由行動

息子と私は、東急・目黒線 大岡山駅の駅前にある

img_1014137_33661025_1.jpg
B1_WONDER LAND さんで走行を楽しむ予定です!
いつも秋葉原のポポンデッタさんばっかりなので、違うお店へお邪魔する事にしました・・・

最後のお楽しみが終わったら
東京駅に戻り、帰るだけ~・・・

おはようございます!

2日目は、東武特急・スペーシア に乗って

息子と妻は
cimg1374_50.jpg
東武ワールドスクエアへ

私は
118699050164916328578.jpg
日光東照宮へ向かいま~す!

意外と遠かった、日光・鬼怒川
考えた結果、別行動となりました!

東京へ戻ったら
息子の鉄道模型を買いに
CIMG1978.jpg
秋葉原のタムタムさんへ行きま~す!


おはようございます!

東京旅行の初日

東京に着いたら、まず
P1010021.jpg
東京ドーム内にある
ジャイアンツのグッズショップへ・・・

夕方からは
横浜ス~1
横浜スタジアムで、巨人対ベイスターズを観戦しま~す!
投手戦ではなく、乱打戦希望 (笑)

ホテルへ戻る頃には、3人ともクタクタでしょうね~

こんばんは。

明日からの旅行に向けて用意していた
CIMG1963.jpg
荷物の準備がやっとできました~!(準備したのは妻ですが・・・)
巨人の応援グッズが目立ちますが、スルーでお願いします!(笑)

25日(日)
26日(月)
27日(火)
3日間連休させて頂きます。

28日水曜日は夕方5時迄営業させて頂きます、よろしくお願い致します。

いつもお世話になっているブログ主様へ
旅行の間は訪問させて頂く事ができませんが
戻り次第お邪魔させて頂きます
どうぞよろしくお願い致します。


明日は5時起き・・・
今夜はもう寝ます、お休みなさい!




こんばんは。

お弁当を食べ、充電完了!
次の滝を目指します

CIMG3859.jpg
竜ヶ壺
大きな滝が落ちる姿を見ることはできませんが
水の力が一面の岩盤を石臼のように掘り抜いて
底無しと言われるほど深い壺となっています。
ここには竜が棲んでいるという言い伝えがあり
そこから名付けられました。

CIMG3861.jpg
やっぱり、水の量が少ないのが気になります・・・

CIMG3862.jpg
でも、水は透明度が高く本当に綺麗です!

CIMG3864.jpg
陰陽滝
大自然が生み出した陰陽和合の妙景です。
陽とは滝の流れを指していて、長さは20m、岩石を浸して斜めに流れています。
一方、滝壺は陰をあらわし、深さ3m、広さは20mあります。
滝壺の真ん中に岩の頭が突き出ているのも奇観です。

CIMG3865.jpg
七色岩
渓流の中に大きな転石が見えます。
岩の上には、マツ・モミ・カエデ・サクラ・アカギ・ウメモドキ・ツツジの
7種類の植物が自生していて、小さな島のように見えます。

CIMG3866.jpg
姉妹滝
七色岩を眺めて渓流を登ると見える、大小ふたつにわかれて落ちる滝です。
右を姉滝、左を妹滝と言います。仲のよい姉妹を思わせる姿をしています。

このあたりを歩いていた3時半頃だったでしょうか?
四十八滝アナウンスがあり「5時頃までに戻るようにして下さい!」との事
最終の滝までは、まだかなり距離が残っているので
緊急家族会議の結果「赤目四十八滝のシンボル的存在・荷担滝まで行こう!」
となりました~

CIMG3867.jpg
柿窪滝
高さ5m、滝壺の深さ10mの滝です。
岩盤を丸く掘り抜いたような滝壺が特に美しく、清流を枝とすれば
滝壺が柿の実のように見えるので、この名前が付いたようです

CIMG3868.jpg
笄滝
笄(こうがい)とは日本髪に刺す飾りのこと。
巨岩にはさまれて落ちる滝の形が笄に似ているのでこう名付けられました。
この滝が流れ込む滝壺は横渕と呼ばれ、赤目四十八滝の中でただひとつ
滝と滝壺の名前が違っている滝です。

CIMG3869.jpg
横渕
笄滝が流れ込む滝壺で、幅15m、長さ5m、深さが10mあります。
横に長いので横渕と呼ばれています。

木漏れ日がキラキラ光る川面は神秘的で見とれてしまいました~

CIMG3870.jpg
骸骨滝
渓流にかかる小さな滝です。
落ち口に骸骨に似た岩が横たわっているので、この名が生まれました。

CIMG3871.jpg
斜滝
川の流れが斜めに変わって落ちている滝です。
正面から見ると、山も岩も木も斜めにそびえていて奇妙な景色です。

CIMG3872.jpg
大きな岩 + 綺麗な水 + 茂る木々 = 絶景! 気持ち良い~!!

CIMG3873.jpg
荷担滝を目前にし、最後の難所?
親切なことに、危険な処には必ず手すりが付けられていました!

CIMG3878.jpg
着きました~、赤目四十八滝のシンボル的存在・荷担滝

CIMG3879.jpg
荷担滝
高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが
荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。
滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり
渓谷随一の景観と絶賛されています。

残念ですが、今回はここまでで引き返します
サンショウウオセンターまで2600メートル・・・

少し戻ると
CIMG3881.jpg
こんなお友達が出てきてくれました~!
慌てて逃げる息子 ・・・オイオイ

CIMG3882.jpg
もともとこのお休みの日は、「乗り鉄」を予定していたのですが

CIMG3883.jpg
赤目四十八滝へと変更して、本当に正解でした!

マイナスイオンももちろん良いのですが
「滝」には人を惹き付ける魅力があるのだと思います
CIMG3884.jpg
何が?と聞かれても、答えることはできませんが
行かれた方なら分かってもらえますよね~・・・

CIMG3885.jpg
もう5キロ以上歩いているにもかかわらず
足取り軽く先に行き、笑顔でポーズをきめる息子
「若いって良いな~」と羨ましく思うのと同時に
「成長したな~」と少し感動した私でした!(ごめんなさい親バカで・・・)

CIMG3886.jpg
滝の出入り口、日本サンショウウオセンターまで戻ってきました~
荷担滝まで往復5.2キロの散策でした!

CIMG3888.jpg
戻ってきたら「食べよう!」と楽しみにしていた
へこきまんじゅう
へこきまんじゅうの「たまきや」さんHP

CIMG3889.jpg
息子は、「元祖へこきまんじゅう」(さつまいも生地のみのシンプルな味)
私は、さつまいもの生地につぶあんの「金のへこき」を頂きました~

CIMG3890.jpg
散策で疲れた身体に、さつまいもとつぶあんの優しい甘さが最高に美味しかったです!
帰りの「へこきまんじゅう」お薦めです

CIMG3891.jpg
本当に行って良かった 赤目四十八滝
到着が遅く、最終の滝まで行けなかったのは残念でしたが
滝の魅力を十分楽しむ事ができました~

赤目四十八滝散策お薦めで~す!
赤目四十八滝HP

最後になりますが、赤目四十八滝を薦めて下さいました
あすも様にお礼申し上げます。
お陰様で楽しい1日を過ごす事が出来ました、有り難うございました。

おしまい。

こんばんは。

曇り空でちょっと天気を心配しながら
三重県の 赤目四十八滝 目指して出発です!

100キロも無いんだし
2時間あったら楽勝でしょう・・・
と甘く見ていたら大間違いでした~

けっこう混んでるし・
コンビニ休憩でゆっくりしてしまうし・・
息子が伊賀牛のお弁当を熱望し探すのに時間とられるし・・・

CIMG3822.jpg
心配した天気も、着く頃には青空になっていて良かったです!

CIMG3823.jpg
1時20分 予定からかなり遅れて
赤目四十八滝 に到着です!

さ~頑張って歩きます
CIMG3892.jpg
じゃんじゃの水
忍者が修行の時に、その身を清め、心を鎮めたとされています。(散策路マップより)
かわいい、オオサンショウウオの口からは、残念ながら湧水は出ていませんでした・・・

CIMG3825.jpg
良い雰囲気になってきましたよ~

CIMG3827.jpg
日本サンショウウオセンター
赤目四十八滝入口

窓口でチケットを購入
CIMG3828.jpg
大人 300円
子供 150円

CIMG3887.jpg
日本サンショウウオセンターのボス?
さんしょうまる さん

CIMG3832.jpg
後ろ姿はこんな感じです!
推定年齢 50歳以上
全長 約112センチ
体重 約10キロ
性格 たそがれる

CIMG3833.jpg
くすくす ちゃん

CIMG3835.jpg
オオサンショウウオの赤ちゃんです!
なんとも愛嬌がありますね~

CIMG3836.jpg
いぶき ちゃん

CIMG3838.jpg
グロテスクなイメージのオオサンショウウオですが
ゆっくり眺めていると、大きな身体に目が点で可愛く見えてきました~

CIMG3834.jpg
ウーパールーパー もいましたよ~

遅れているので、滝へ急ぎましょう!
CIMG3839.jpg
霊蛇滝
落差6m、幅3m、滝そのものの美しさもさることながら
碧く澄んだ滝壺も滝に劣らぬ美しさです。
滝壺の深さは約7m。霊蛇滝の名は白蛇が岩をよじ登る趣があり
滝の流れの中に顔を出す岩が竜の爪痕を思わせるので付けられました。

CIMG3840.jpg
赤目牛
不動明王が乗って現れたという伝説の赤い目の牛 (散策路マップより)

CIMG3842.jpg
不動滝
高さ15m、幅7m、滝壺の深さ10m。不動明王にちなんでこの名が付けられ
滝参りとは、この滝にお参りすることをいい
明治の中頃まではここより奥は原生林で、入ることができませんでした。
渓谷にかけられた不動橋からの眺めは壮観です。

CIMG3844.jpg
大きな岩がゴロゴロと転がっている光景は迫力満点です!

CIMG3845.jpg
雨が降っていないのか、水量が少なく

CIMG3846.jpg
ちょっと寂しい昨日の四十八滝でした・・・

CIMG3847.jpg
八畳岩
渓流の中に、ひときわ大きな岩が転がっていて、広さが八畳敷ほどあるので
八畳岩と呼ばれています。
弘法大師(空海)が修行をした時、たくさんの天童がこの上で舞楽したという伝説があり
“天童舞台石”という名もあります。

CIMG3849.jpg
遊歩道から外れ
石をつたって息子と遊んでおりました~、楽しい!

CIMG3851.jpg
千手茶屋の可愛いおしがき
後で冷たいものでも頂こうかと思っていましたが
帰りに通った時はもう閉まっていました・・・

CIMG3853.jpg
千手滝
高さ15m、幅4m、滝壺の深さ約20m。滝、岩、樹木、滝壺が調和して
絵のような美しさです。
岩を伝って千手のように落水するところから名付けられたとも
千手観音にちなんで名付けられたとも言われています。

CIMG3854.jpg
護摩の窟 (弘法大師禅定の窟)

CIMG3855.jpg
布曳滝
高さ30mから一条の布をかけたように落ちる滝は、赤目五瀑のひとつに
ふさわしい美しさです。
全国各地に同名の滝がありますが、赤目の布曳滝はその代表格。
滝壺の深さは約30mもあり、固い岩をえぐった水の力には感心させられます。


2時を過ぎ、息子が「もう限界、お腹ペコペコ・・・」と言ったので
布曳滝前の椅子でお弁当を食べました~

息子は、名阪上野ドライブインで見つけた
CIMG3856.jpg
伊賀牛弁当
本場伊賀牛肉と伊賀米使用。
特製タレでやわらかく仕上げました!(名阪上野ドライブインHPより)

妻と私は、ドライブイン赤目さんの
CIMG3857.jpg
滝見弁当 彩り幕の内

CIMG3858.jpg
滝見弁当 山菜しめじ弁当

どれも美味しいお弁当でした!ご馳走様でした。

つづく