こんばんは。

柏木圭一郎さんの
P5237311.jpg
名探偵・星井裕の事件簿
京都「源氏物語」華の道の殺人 を読みました。

少し時間があった時に寄ったブックオフさんで
色々と物色したのですが
東野圭吾さんや
池井戸潤さんがなく
何か1冊はと思い
スタッフお薦めの棚にあった
この本を買ってきました!

たいへん失礼ながら
柏木圭一郎さんも
星井裕さんのお名前も知らず
見た瞬間、「船越栄一郎さんで2時間ドラマ」なんちゃって~
と思ってしまいましたが
高嶋政伸さんでシリーズ化されているようですね!

内容はといいますと
華道界の家元襲名披露パーティーで起きた殺人事件
殺されたのは華道界で一番勢いのある花乃坊次期家元・花乃坊由美
トリカブトによる毒殺
不思議な事に由美と恋仲にあり襲名披露の主役・北條ひかるは
お色直し?の間に行方不明となり
パーティー会場から離れた蘆山寺で見つかる
容疑者として浮かんだのは
由美の元彼で月山流家元の月山聖山
捜査の行方は・・・
また源氏物語・藤壺の章とのつながりは?

主人公でフリーカメラマンの星井裕
星井の元妻で京都府警警部補の安西美雪
星井のアシスタント・小林健 鋭い臭覚が武器?
女性誌ティアラ編集長・高森さなえ
そして登場人物も魅力(クセ?)のある人々で
面白かったです!

柏木圭一郎さん
これからも読ませて頂きます


明日は定休日でお休みさせて頂きます。


スポンサーサイト

こんばんは。

いよいよ今週末、8月4日(土)からスタートする
「京の七夕」

毎年、多くの方が来られて
賑わうイベントとなっています!
当店も忙しくさせて頂ける
有り難いイベントでもあります!

4日のスタートに向けて
rps20120730_121101.jpg
堀川会場でも準備が進んでいます

rps20120730_121145.jpg
炎天下での準備作業は本当に大変な事と思いますが
頑張って下さいね~
よろしくお願い致します!

詳しくはこちらで↓
京の七夕ホームページ

こんばんは。

1日のお囃子練習からスタートした
今年の祇園祭も
今夜の足洗いで
すべてが終了しました!

暑いし
長期間やし
しんどいし
色々あるけど
やっぱり楽しいのが
祇園祭であり
お囃子です!

生まれた時から家の近所に山鉾が並ぶ
環境で育った私ですから
当然なのかも・・・(笑)

足洗いは
毎年恒例の西洞院松原にある
P7297311.jpg
「光悦」 さん

刺身盛り合わせ
てっさ・てっぴ
鱧のおとし
寿司盛り合わせ
特大出し巻き
焼き魚
赤だし
枝豆
日本酒・ビール・ソフトドリンク飲み放題

「足洗いは無礼講で!」 が合言葉
70代の超ベテランから
下は息子の小4まで
飲んで・食べて・笑っての
楽しい2時間を過ごしてきました!

他の山鉾では年功序列で厳しいところもあると聞きます
岩戸山はメジャーな山鉾ではありませんが
和気あいあいと活動できている囃子方だと改めて感じました
この雰囲気を作って下さった
親方はじめ指導の方々に感謝です!

「来年のお祭りも頑張るぞ~」

今日はお昼に嬉しいことが・・・
常連様ご夫婦が御宮参りに行ったからと
赤ちゃんと一緒にご来店下さいました!
おめめパッチリの可愛いお顔を見せて頂きました
小さな小さな身体から大きなパワーを頂戴したように感じます!
健やかに成長して下さいね~

こんばんは。

先日、実家のお祖父ちゃん・お祖母ちゃんから OK! をもらい
すぐに注文した
ラウンドハウスさんの
225系5000番台 関空・紀州路快速 が届きました!
P7277316.jpg
関空快速4両と紀州路快速4両の併結が出来るように2箱・・・

P7277317.jpg
1つのケースに仕舞えるように収納ケースも・・・

確かに
P7277318.jpg
8両まとめて収納できるのはスマートでよろしい!

P7277319.jpg
225系は新快速で馴染みのある車両なんですが
横のカラーリングが変わると
イメージが大きく違うんだな~と感じました!
毎日、暑い日が続いているので
水色から白へのグラデーションが涼しそうに見えるのは私だけでしょうか?

息子は発売が決まった時から「欲しい!」と言っていたので
やっと手に入り、とても喜んでおります
その続きに言った言葉が・・・
「関空・紀州路快速も買ったことやし、関空・紀州路快速乗りに行こうか~!」
それは勘弁して下さい

こんばんは。

今日は
土用の丑の日

土用の丑の日(どようのうしのひ)とは?
土用の間のうち十二支が丑の日である。
夏の土用の丑の日のことを言うことが多い。夏の土用には丑の日が年に1日か2日(平均1.57日)あり、2日ある場合はそれぞれ一の丑・二の丑という。
土用の丑の日の鰻
土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣がある。
由来
鰻の蒲焼(うな重)通説(平賀源内説)鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年–1823年)の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。
それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。実際に鰻以外には、梅干や瓜などを食する習慣もあったようだが、今日においては殆ど見られない。
実際にも鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できる。ただ、鰻の旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、秋から春に比べても夏のものは味がおちる。                          (ウイキペディアより)

我が家の夕食も
息子のリクエストに応えて
rps20120727_191447.jpg
舞坂さんへ

rps20120727_191420.jpg
京都では有名なお店なので
たくさんのお客さんで賑わっていたそうです!

rps20120727_191508.jpg
私のうな重

rps20120727_191623.jpg
息子のうな重・・・?
鰻がのっていません!!
そうなんです、息子は鰻が嫌いで食べれないんです・・・
でも舞坂さんの、たれをまぶしたご飯は大好きなんです!

なんか変な感じはするのですが
rps20120727_191756.jpg
本人は喜んで食べていました(笑)

鰻を食べないと意味が無いような気もしますが
まっいいか~

やったぞ~
オリンピック日本代表
強敵スペインに勝利
嬉しい!!

グループ首位通過を目指して頑張れ~!

こんばんは。

夏休み恒例の予定表が完成し
壁に貼ってあります!
rps20120723_213826.jpg
前半で学校の宿題をやり上げてしまい
8月6日からの北海道旅行(お祖父さん、お祖母さんと)
25日からの家族旅行は余裕?で行ける予定となっております (笑)

しかし予定は未定!
計画した通りに頑張ってくれるといいのですが
どうなる事やら・・・


夕食後のデザートに
先日、お客様より頂戴した
P7227307.jpg
を頂きました!
果物はあまり食べない私ですが
桃は大好物
また、と~っても美味しい桃だったので
最高でした~!! ご馳走様でした。


いつもより早くブログを仕上げて
オリンピック・男子サッカーを応援したいと思います
なでしこに続いて頑張って欲しいですね!

こんばんは。

息子も1学期が終了し
祇園祭も先日の奉納囃子で無事終わり
今日は家族3人で足洗いでした・・・(笑)

息子に「何処に行きたい?」と聞くと
即答で「ビッグ・ボーイ!」
P7257302.jpg
ということで久しぶりに
ジュ~ っとしてきました!

注文を終え
いざサラダバーへ
P7257303.jpg
今は期間限定で
サラダバー
スープバー
カレー&ライスバー
が付いたセットメニューとなっています!

P7257304.jpg
サラダ・スープ・コーラを並べて
「いただきます」

P7257305.jpg
家族3人で
ジュ~~~

P7257306.jpg
最後にコーヒーで〆て
お腹一杯になりました~
幸せ~

大俵ハンバーグの画像が少ない・・・
食べるのに夢中になっていました

帰りに実家へ寄り
お祖父さん・お祖母さんに1学期の通知表を見せて
ラウンドハウスさんの関空・紀州路快速
P7207269.jpg
出発進行の許可を貰っていました!



こんばんは。

京都新聞の夕刊を見て ビックリ!!
P7247293.jpg
「イチロー、ヤンキース移籍」 の文字が目に飛び込んできました!

P7247292.jpg
日本で、そして大リーグで
走・攻・守すべてを高いレベルでこなしてきたイチロー選手も38歳
色々と考えられた上での結論だったとは思いますが

イチロー選手がマリナーズのユニフォームを脱ぐ時は
P7247291.jpg
引退される時だと決めつけていました・・・

でも、輝かしいイチロー選手の最後を飾る球団として
ヤンキース はピッタリかも?


こんばんは。

なかなか本を読む時間がないので
以前に読んだ本で印象に残っているものをご紹介したいと思います。

有吉佐和子さんの
P7237287.jpg
「悪女について」
常連のお客様に「読みますか~?」と頂戴して
読ましてもらったのは、もう2年~3年前ですが
作風と内容が強烈だったので
今でも印象に残っています!!

謎の死を遂げた1人の女性・富小路公子
この女性に対して周りの人たちが語っていくお話しです。

その1・早川松夫の話(最初)から
その27・次男義輝の話(最後)まで
生前の主人公を回想するだけなんですが
27人の証言にドンドン引き込まれて行きます!

ある人からはお屋敷を奪い
ある人には偽の宝石を高く売りつける
また複数の男を手玉に取り
実業家への階段を着実に上っていく公子
果たして彼女は本当に悪女だったのでしょうか?

この前
P7237281.jpg
沢尻エリカさん主演でドラマ化されたそうですが

私個人の考えでは
沢尻エリカさんに「それっぽい」感じがあるので
悪女と正反対のようなイメージの
P7237286.jpg
井上真央さんなんか如何でしょうか?

ドラマはともかく
有吉佐和子さん
凄いです!!